<< 発想力。 | メイン | 入院中の患者さんから >>

2006年11月12日

畑原市場 食育がテーマの『新家』さん

今回の『てんちょ〜の昼めち』は
11月1日より創作和食料理だったメニューを
『食育』をテーマにしたメニューにリニューアルした
神戸市灘区は東畑原市場内にある『新家』さんだぜ!
 
今日、僕がチョイスしたのは
下味が鶏肉にギュンギュンにしみこんで
かぷっと噛むと溢れ出す
うまぁ〜い肉汁が自慢の『新家特製 鶏もも肉の唐揚げ』だぜ!
 
上に乗っかってるパリパリした春巻きの細皮と
肉汁ぢゅわぢゅわな鶏肉の正反対の食感が
お口の中でダンサブルパーティー(*´Д`)ハァハァ
からあげ
 

肉じゃがあと、単品で頼んだ
「おかんの肉じゃがコロッケ」
これ!コロッケの中に肉じゃがが入ってて
サクッとしたコロッケの表面と
ホクホクなじゃがいもの正反対の食感が
お口の中でフレキシブボレロ(*´Д`)ハァハァ
 
そして、ビックリするのは
このお店のメニューのど真ん中に
僕の顔面が写ってる事w
 
なんでメニューに僕の顔面があるかってゆーと
ここ「新家」さんのお店のお米は、米・食味鑑定士である僕が
毎回、頭をひねりながら「食育」をコンセプトに
特別にお米を選んで精米してるお米なんですよ
 
どこが特別かとゆーと
ここのお米は白米ではなく7ぶ精米にしてるんです

白米よりも玄米の方が身体に良さそうってのは
テレビや雑誌の影響でご存じだと思うんですけど
玄米って、やっぱり食べにくいですやん?
 
しかも、お米に使ってる農薬とかは
胚芽部分や糠層に溜まりやすいらしいから
胚芽や糠をそのまま食べる玄米はちょっと怖い
 
などなど。
 
玄米のままお店で出すのは
ちょっと不安なところがあるけど
米・食味鑑定士の僕が、減農薬で、良質な味のこだわり米を
白米ではなく糠層を少しだけ残した「7ぶ精米」にする事で
その不安感を取り除いたわけさ♪
 
でも、いくら安心なこだわり米でも
毎回同じ味じゃー飽きてきますやん?
 
任せて!
そんな問題は僕に任せて!
 
お客さまが食べ飽きしないように
毎回、違う品種のお米を納品させてもらってるんだからぁ(*´Д`)ハァハァ
 
『お米の品種が週替わりで違うお店』って事で
今、ひそかなブームになってるくらいですわ
 
玄米のチョイスは全て僕任せだから
おもいっきり真剣に遊んでますw
めっちゃ楽しいです
実際に営業されている店舗で
こんなに遊んで良いのかしらって感じ(*´Д`)ハァハァ
 
 
しかも、この仕組みで思わぬメリットがありました
「新家」さんで食べたお米が美味しいって思ったお客様が
新家さんから遠く離れた「いづよね」まで
お米を買いに来てくれるようになったんです!
 
いわば、遠距離試食コーナーができたような感じw
すげー、すげー副産物!
なんか、最近、米屋って仕事が
猛烈に楽しくて仕方がありません(*´Д`)ハァハァ

カテゴリー:グルメちっく神戸 投稿者 :創業100年の米屋 いづよね


コメント

 
PAGE TOP